恋愛に効果があるパワーストーン

パワーストーンの効果を期待する中で上位にくるのが恋愛についての願いでしょう。

しかし、一言で恋愛運を高める効果があるパワーストーンを身に付けると言っても人それぞれ置かれている現状は違います。素敵な出会いを期待してパワーストーンを持つ人もいれば、現在片思いしている相手と両思いになりたいためにパワーストーンを持つ人、恋人と今よりももっと良い関係になりたい人など色々とあります。

昔から多くの人の恋愛を叶えるためにパワーストーンが用いられてきました。恋愛運や愛情運に関する天然石の中で一番効果を発揮するパワーストーンと言われているのが紅水晶と呼ばれるローズクォーツです。このローズクォーツは恋愛を成就させ、恋人との絆を深め、失恋から立ち直る効果があるとされています。

恋愛運を高めるパワーストーンにはピンク色のものが多く、インカローズやピンクトルマリン、ロードナイトなどの天然石がそれにあたります。また、風水でも恋愛運は桃花運と呼ばれ桃を恋愛の象徴としています。

毎日の生活の中で部屋やファッションにピンク色や桃をシンボルとするものなどを取り入れることで恋愛運の波動が高まると言われています。パワーストーンと風水の考えも同じものと言えます。これから素敵な出会いをしたいと望んでいる人はオパールやムーンストーン、アベンチュリンなどのパワーストーンが良いでしょう。

また、片思いの人ともっと恋愛関係に進展したいと言う人にはラブラドライトやシトリンなどが良いでしょう。また逆に縁を切りたいと考えている人には水晶系のラピスラズリやアメジスト・ロッククリスタルなどの石が向いています。

他にも恋人や夫婦仲が上手くいっていない人で仲直りをしたい場合はアクアマリンが良いでしょう。







PR 夜勤 バイト 出張 着付け eワラント 初心者 副業 確定申告 フラット35 金利 比較 

誕生石とパワーストーン

はるか昔の人は、生まれた月がその人の一生を左右すると考え信じられてきました。

これは自分の誕生月の宝石を身に付けると幸せになれると信じられてきたことに基づき、12の月にあるそれぞれの宝石を配したものが誕生石です。この誕生石には色々な説がありますが、誕生石は国によっても多少ことなることもあります。

例えば日本では3月のサンゴ、5月のヒスイが追加されていますが、理由としては3月は桃の節句でピンク色のサンゴ、新緑の季節である5月は日本人に馴染みのあるヒスイが選ばれています。これを見ると日本の風習や習慣が加えられていることがわかります。

現在の誕生石は、はるか昔のような宗教的な深い意味合いがなくなりつつありますが、誕生石を身に付けることにより、幸運が運ばれてくると言う意味合いを今も根付いています。誕生石を持つにしても加工されたものよりも、できればパワーストーンの本来の力を実感できる原石のまま持つようにする方が良いとされています。

また、パワーストーンを加工する場合には球状の形にすると良いとされています。これには理由があり、球状の形態は神聖なるもの、魂を磨くと言う意味があるからです。持つ場合もお守りの意味がある胸の位置にネックレスとして持つのが良いとされています。

最近では誕生石ではなく日ごとに決められている守護石と呼ばれているパワーストーンもありますが、世界的にメジャーなものではなく一種のブームととらえるくらいに考えていれば良いでしょう。







PR 臍帯血 保存 ダーツ 初心者 刺繍 初心者 ネイルアート 初心者

パワーストーンの相性

パワーストーンには色々な種類と効果がありますが、当然ながら反対の効果を持つものがあります。

パワーストーンの持つ効果には力を抑えるたり、高めたりする物や感情を鎮めたり、高めたりするものなどがあります。一般的に言われているのが反対の作用をもつパワーストーンを持つのはよくないとされていますが、大きく見るとパワーストーン同士の組み合わせでよくないものと言うのは少ないです。

パワーストーンは本来、石を持つ人の幸せを願い、夢を実現させるために力を貸す純粋なエネルギーが中心となっているので争いやいがみ合いなどのマイナスの感情のエネルギーはありません。この点は人間関係と同じで自分は嫌な人でも他の人は好きな人ということがあるように自分にとってはよいパワーストーンの組み合わせでも他の人には良い組み合わせであるということになります。

もしいくつかのパワーストーンを同時に持ったときに嫌な感じがしたり、起きたりした時は自分にとっては、そのパワーストーンの組み合わせはよくないものであると判断するようにしましょう。パワーストーンの相性をあまり気にしすぎるのではなく、自分が持った時にどのように感じるのかが大切になります。

他人に薦められたパワーストーンの組み合わせでも、自分がそのパワーストーンに愛着がわかず、違和感を感じるとパワーストーンも本来持っている力も失うことになります。

結論としてはパワーストーンの相性ではなく、パワーストーンとそれを持つ人の相性が良いかどうかが問題になります。人間と同じようにパワーストーンには一つ一つ個性があるのでそれも持つ人の感受性しだいで大きく変わってきます。あまり気にすることなく自分が感じるままにパワーストーン持つようにしましょう。







PR 視力回復 方法 ガンプラ 初心者 船舶模型 初心者

オーダーメイドのパワーストーン 

パワーストーンは数多く世の中に出回っているので自分が実際にパワーストーンを持つ場合は既にパワーストーンの原石やたくさんの種類の石を組み合わせたアクセサリーなど製品として完成されたパワーストーンを着用することが一般的と思います。

また、これとは逆に自分が気にいったパワーストーンを選び出しブレスレッドなどの形に作り上げていく方法があります。このようにパワーストーンの種類や色や素材など好きな形や大きさ、デザインなど自分のお好みで作る事ができます。デザインが分からない場合は既製品を参考にして作り上げることができます。

パワーストーンのオーダーメード注文を受け付けている会社はインターネットでたくさん見ることができます。アクセサリーとしてはブレスレッドが多いようで石の種類や色、形を決めると作ってくれます。オーダーメイドでパワーストーンを作る場合には、まず自分が何を願うのかをよく考えて作るようにしましょう。

しかし、あれもこれもと色々と願い事を言ってパワーストーンの種類を増やすのは良くありません。これだけは実現したいと言う願いを考えて注文するようにしっましょう。インターネットでオーダーメイドのパワーストーンを注文する流れとしてはショップによって多少変わってきますが、注文してから見積もりをし試作、チェックという流れで進んでいきます。オーダーメイドであれば自分が納得できるものができるのでこだわりのある人にはおすすめと言えるでしょう。

価格的には既製品と比較すると高くはなりますが、納得がいくものが出来上がると思えば安いと言えます。オーダーメイドでパワーストーンを注文する場合は紐が切れたり石が割れた場合の保証などの点についても事前に確認するようにしましょう。

ラピスラズリのパワーストーン 

世の中に数多くあるパワーストーンの中で世界で一番初めにパワーストーンとして認知された石にラピスラズリがあります。ラピスラズリ(Lapis lazuli、瑠璃、青金石)は古くから日本でも水晶と同じように幸運の守り石として愛用され、古代エジプトなどでも有名なツタンカーメンの棺の装飾品として使用されてきました。ラピスラズリの名前の由来はアラビア語で青色を意味する「lazward」と石を意味する「lapis」が由来とされています。日本だけでなく世界各国で顔料や染料として利用されたり聖なる石として愛用されたりしていました。このラピスラズリのパワーストーンの効果は脳の働きを活性化する働きがあるとされており、知識や知恵が増すようになり洞察力や直観力を養えるようになると言われています。

つまり頭に関係することは全てと言って良いでしょう。知恵や洞察力を養えると言うことは物事の内実を見極めることができ、正しい決断ができるようになり、成功へのイメージを現実化することができることを意味します。自分自身の邪念を祓い、自分を成功へ導くことができます。

また、ラピスラズリのパワーストーンには他人からの邪念や邪気、怒りや嫉妬などをはらいのける効果もあるので石の持ち主に幸運をもたらすことができると言われています。

学生で自分が進むべき道に迷った時や勉強、研究に打ち込みたいと言う時などには最適と言えるでしょう。

サラリーマンなど社会人で新しい企画などを立ち上げようと考えている場合にも最適です。ラピスラズリのパワーストーンを浄化する場合はお香や月光浴、水晶による浄化が適しているので、水や粗塩で浄化はしないようにしましょう。

水晶のパワーストーン 

パワーストーンには色々なものがありますが、パワーストーンの代表的なものとしては誰もが初めに思い浮かべるものに水晶があります。この水晶のパワーストーンには全てを浄化する清めの効果があるとされており幸運を招く力があると古代から言われています。

水晶の効果は世界各国で瞑想や祈祷など宗教の用具として利用されてきました。日本でも世界各国と同様に神社などで御神体として奉ってあるところもあります。水晶の種類は豊富にあり、色で分けてみると白水晶のロッククリスタル、紫水晶のアメジスト、紅水晶のローズクォーツ、黄水晶のシトリンなどがあります。色だけでなく形や内包物でわけても多くの種類に分けることができます。

水晶の持つパワーで代表的な効果は浄化作用で水晶のパワーストーンを持つ人の新陳代謝を促進する効果があるとされており、細胞の再生を促し、精神や情緒を安定させる効果があると言われています。また、持つ人だけでなく空間の浄化や邪気を祓う効果があると言うことから水晶のクラスターを部屋に置いたりしている人も多くいます。

水晶のパワーストーンは他のパワーストーンのパワーを増幅し補完する作用が期待できることから、パワーストーンを組み合わせる時には水晶を混ぜることが基本とされています。

パワーストーンをこれから身に付けてみたいと思う人には恋愛運や仕事運、金運、健康運など色々な方面の開運効果があるとされているので、まずは水晶のパワーストーンから揃えてみてはいかがでしょうか。自分が持つだけでなく人にプレゼントしたりする場合でも大丈夫です。誰にとっても無難なパワーストーンが水晶です。
タグ:水晶

オニキスのパワーストーン 

オニキスにはホワイトオニキスとブラックオニキスがありますが、一般的にオニキスと言うとブラックオニキスをさす事が多いです。

オニキスの特徴としては縞模様が直線状になっており、ホワイトオニキスは白色の瑪瑙(めのう)でブラックオニキスは黒色の瑪瑙(めのう)が特徴となっています。

このオニキスのパワーストーンの効果はパワーストーンの持ち主に大きな力を与え自分が決めたことを諦めないようにサポートする力があるとされています。

自分の決めたことをやり抜くということは周りの人に影響されることなく、オニキスのパワーストーンの持ち主の肉体と精神を安定させる効果があり、決めた目標の実現に着実に向かうように行動が取れるようになります。

オニキスはこのような効果があるとされていることから昔から悪霊を祓うためや戦いを行う時に用いる護符としても使用されていました。現在ではオニキスはスポーツ選手やダイエットをやりぬきたいと願う人のお守りなどとしても利用されているようです。パワーストーンを持ちたいと考えている人の中には人の意見に流されやすいのでもっとしっかり自分の意見を持ちたいと考えている人もいるでしょう。

そのような人にはこの成功へ導いてくるオニキスのパワーストーンはお勧めの石と言えるでしょう。このオニキスのパワーストーンは悪い感情を抑え精神を安定させる効果もあるので夫婦間の仲をとりもったり、嫉妬や恨みなどの悪い感情を誰かに持たれた時にでも持ち主を守ってくれるとされています。

しかし、このオニキスはヨーロッパの一部の国では不吉な石として嫌う国もあるので不思議な石とも言えるでしょう。オニキスは男女関係なく身に付けることができます。石を浄化するときは日光浴、月光浴、お香、粗塩、水晶のどの方法でも浄化することができます。
タグ:オニキス

インカローズのパワーストーン 

美しいピンク色が特徴のパワーストーンであるインカローズは正式な名前をロードクロサイト(Rhodochrosite)と言い、ギリシャ語の「バラ色の石」と言う言葉が語源とされています。

このインカローズのパワーストーンには縞模様のある薄い色がついたものや赤みがかった透明感のあるものなど色々とあり、主な原産国は南米地方とされています。インカローズと言う名前の通りはるか昔にインカ帝国が栄えたアンデス山脈地方で産出されているわけですね。

気になるインカローズの効果は恋愛に効くといわれ、恋愛によって傷ついた心を癒しインカローズのパワーストーンを身につけた持ち主の魅力を最大限に引き出すとされています。

また、同じように恋愛に効果があるとされているパワーストーンにローズクォーツがありますが、インカローズはそれよりも癒しの効果が強く、即効性があるとされています。心だけでなく体と感情のバランスを整えることができ、持ち主に活力とやる気を与えることができます。

インカローズは情熱の薔薇と呼ばれるぐらいにその人の魅力を引き出してくれます。インカローズのパワーストーンの波動が体の内分泌系に働きかけることでホルモンのバランスを整えるからであるとされています。

他にも老化防止にも役立つとされ、引きこもりやうつ病などで悩んでいる人にもエネルギーを与え、気持ちを前向きにすると言われています。ただし、パワーストーンは傷つきやすいので取り扱いには十分に注意するようにしましょう。

特に日光浴や水、粗塩などによる浄化をする際には変色の恐れがあるのでやめるようにしましょう。浄化をする際には月光浴やお香、水晶などにより浄化をするようにしましょう。

アメジストのパワーストーン

水晶の中でも紫色をした紫水晶アメジストの名前の由来はギリシャ神話にでてくる女性アメシストからきていて、ギリシャ語の「アメテュストス(酒に酔わない)」が語源とされています。

昔から多くの人に親しまれたパワーストーンで現在でも2月の誕生石としても知られています。歴史をさかのぼってみると古代エジプト時代では護符やアクセサリーとして使用されており、僧侶などの間では気高い紫色が好まれていたようです。

アメジストは以前は日本でも産出されていたことがあり、他と比べても色が淡く、結晶が小さいという特徴があり、上品で奥ゆかしさと清楚さを兼ね備えている事から日本人には馴染みやすかったようです。アメジストは「情熱と冷静の石」とも言われており、その理由としては赤色は行動力とエネルギーを表し、青色は冷静さと知能を表す色が含まれていることから相反する2色の特徴を持つこときているようです。

アメジストにはヒーリング効果もあることから精神を安定させる働きがあると言われています。受験生など自分の進路などで迷った時でも自分を見失わずに不安や恐怖の感情を冷静にコントロールし道を切り開く効果があると信じられていますので受験や進路について迷っている人はアメジストを身につけると良いでしょう。

アメジストを持つことでどんな事でも冷静に知性を持って対処ができるようになると言われています。アメジストの浄化方法としては水・お香・月光浴・粗塩・水晶などによって浄化するようにし、日光浴は色が抜ける恐れがあるので避けるようにしてください。
タグ:アメジスト

パワーストーンの組み合わせについて

天然石のパワーストーンを持つ場合にはもちろんその効果を信じて持つわけですが、色々と効果を期待して一つだけパワーストーンを持つのではなく複数のパワーストーンを持つ人も多いのではないでしょうか。

パワーストーンを複数持ち合わせる時に少し不安になるのがパワーストーン同士がその力を打ち消しあって効果がなくなるのではないかと言う心配をする人もいると思います。また逆にパワーストーン同士の組み合わせによってはより強力な力が引き出せる組み合わせがあるのではないか?と言う疑問もあると思います。

一般的にパワーストーンを複数持ち合わせる場合に基本となるのがパワーストーンの力を調和する働きがあるとされる水晶を混ぜる事が基本とされています。実を言うとパワーストーンの組み合わせに関しては正解がありません。

ある人は「そのパワーストーンの組み合わせは良くない」と言っても逆に「パワーストーンの力を増幅させる」と言う人もいます。結局のところその人の主観やその時の状況などパワーストーンも持つ人と石との相性によってその効果が大きく変わってくるのでどの見解も決定的なものとはなりません。

例えばパワーストーン同士が喧嘩をするような事があるとすればパワーストーンを販売しているショップはとんでもない事になりますよね。ですのでパワーストーンの組み合わせの効果を感じたならそれが良い組み合わせであると言えます。

もし誰かに言われた組み合わせや本で紹介されていた組み合わせなどであっても自分が良いように感じなければ、それは避ける方が良いでしょう。パワーストーンの組み合わせに関しては他人の意見を参考にするよりも自分の直感を信じて組み合わせるようにする事が大切になります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。